HOME お香について 商品紹介 会社概要 アクセス お問い合わせ ネットショップ
お香について − お香の炊き方
[お香の炊き方]お墓参り&お彼岸] [お線香の製造工程


日本人のくらしに深くかかわってきたお香。時代の移ろいにも、人々はよい香りを求め、さまざまな工夫をしながら、上手に香りを取り入れてきました。 『お香』と言っても、その種類はさまざまです。いかに高級なお香でも、使い方を知らなかったり誤った使い方をしては、だめになってしまいます。ほんの少し使用方法を理解していただくことで、香りは驚くほど引き立ってくるものです。お香それぞれの個性に合わせて、使い分けることがよいでしょう。





直接火をつけるお香
一般のお線香

主にご家庭で仏事に使われます。仏事での焚き方は宗派によって異なりますが一般的には『仏・法・僧』の原理にしたがって、香炉の中で1本ずつ三方に立てるのがよいとされています。また、伽羅や沈香を多く用いた高級線香は、仏事だけでなくお部屋で楽しむ香りとして、お客様のおもてなしにもお使いいただけます。

長寸線香

座禅香とも言われ、禅堂で用いる長さが70cm以上の長さのお線香もあります。大型の香炉に立てて使います。

短寸線香

花やフルーツの香りなど、バラエティ豊かな香りが提供され、お部屋で楽しむお香として数多く発売されています。お好みの香炉などに立ててお使いください。

渦巻きタイプ

長時間燃え続けることができるので、広い空間や玄関など空気の流れの多い場所でのご使用に適しています。専用の香皿や香立てを用いるか、よく乾燥させた灰を香炉に敷詰め、その上に直接載せて焚いてもようでしょう。この方法なら途中で折れて短くなったお香も、最後まで焚くことができます。

コーンタイプ

短時間に強い香りを出すことができ灰も散らばらないお香です。円錐の先端に点火し、そのまま香皿や灰の上に置いてお使いください。

焼香

香木などの天然香料を細かく刻んで調合した細粒状のお香。仏前で、直接炭火の上に薫じます。

抹香

非常に細かい粉末のお香で、古くは仏塔や仏像などに散布していました。仏前で焼香の時などに用いたり、長時間くゆらせておく時香盤や密教用具の火舎などにも用いられます。






間接的に熱を加えるお香
香木

一般的に香木は、白檀と沈香の2種類を言います。なかでも、伽羅は古くから品位の高い最高級の香りとして珍重されてきました。
 *お茶席で使用の場合
炉中の熱灰と胴灰のそばに置かれます。主に風炉の次期に用います。
 *ご家庭で楽しむ場合
湯呑程度の大きさの香炉に、よく乾燥させた灰を八〜九分目ほど入れ、よくおこした香炭団をいけこみ、灰を3mm程度かぶせます。

練香

粉末の天然香料を古典的な製法のまま丸薬状に練り上げたもので、『源氏物語』などに登場する薫物を今に伝えるお香です。深く重みのある香りで、茶の湯の席の冬の香りとして好まれ、寒い時期に使われる事が多いようです。
 *お茶席で使用の場合
炉中の熱灰と胴灰のそばに2〜3粒ずつ置かれます
 *ご家庭で楽しむ場合
香炉や火鉢の熱灰の上にのせたり、小さなアルミカップに数粒入れて、ストーブの上で熱して香りをだしたりしています。

印香

粉末にした香料を練り合わせ、固めて板状にし、梅花型やもみじ型などに型抜きして乾かしたもの。練香と同様、熱灰の上にのせて薫じます。浅く軽い香りなので、夏の風炉中などに用いられます。




[お香の炊き方]お墓参り&お彼岸] [お線香の製造工程
Copyright 2008 株式会社 菊寿堂 All Right Reserved